起きてメシくってうんこして寝る日々

Catapiller version 0.8.30をリリース致しました。

最近、ある驚愕の事実を知り愕然としました。
英語で「いもむし」は Catapiller というんだと思っていたんですが
正しくは Caterpillar なんですね。微妙にぜんぜん違う。

概要ページに
「Catapillerとはいもむしという意味です」
とか書いていた自分が恥ずかしい。
Catapillerはいもむしという意味ではありませんでした。

なんなんですかそれ。どうしてもCatapillerではダメなんですか?
Google先生も「もしかして」とか言ってくれればいいものを、
なんでここに限ってスルーなんですか。

まあでもグレイは GLAY だしペットセメタリーは Pet Sematary だしね。
かっこいいじゃん!Catapiller!ちょっと違う自分を演出って言うかね!

あああああああああああ穴があったら死にたい・・・。

そんなわけで今回の主な変更点は以下のとおりです。

ウィンドウデザインの変更

  ダサイダサイと言わ続けてきたので。
  今は黒だけなんだけど、次バージョンで多少カスタマイズできるようにします。

  オシャレとかわかんねえんだよ。勘弁してくれよ。
  カッコイイ見た目ってどんなんだよ。そんなもん食べたことねえよ。

設定項目の増加

「設定」→「その他の設定」で開くダイアログのところです。

・起動時にバージョン確認をする

  新しいバージョンが出たときにお知らせを出すかどうか、ですね。
  バージョン0.8.21ではこの設定ができなくて無条件にお知らせが出ます。
  今後は起動するたびに毎回毎回聞かれます。ごめんなさい。ざまあみろ。
  0.8.30ではこのスイッチをOFFにすると、次のバージョンまではお知らせされなくなります。

  お知らせのダイアログでも設定できるので積極的にいじるところじゃないと思います。
  バージョンアップには機能追加以外にバグフィックスも含まれるので、
  俺的には常にONにしておいて欲しいなあと思います。

・投稿時にホームタイムラインを更新する

  1分でリロードとか設定してる人には必要ないだろうけど、
  15分ぐらい間隔とかで設定してる人には必要かもしれない。
  頻繁に投稿する人は余計なAPI消費が減らせていいかもしれないし。
  API使い切らない人はONにしておくと良いのかも知れない。
  ちなみに今まではOFF設定でした。

  OFF設定でも投稿したツイートだけはTLに追加されます。

・返信にin_reply_to情報を付加する
・非公式RTにin_reply_to情報を付加する

  ONにしておくと会話を追えて便利ですけど第三者から見えません。
  OFFにしておくと会話を追えないけど第三者のTLにも現れるので
  RT元だけじゃなくフォロワーにも見て欲しい場合に有効です。

  会話も追えて第三者からも見えるようにしてほしいですよTwitterさん。

  よくわからない人は、返信はON、非公式RTはOFF設定が良いと思います。

・サウンドなし時にはポップアップもしない

  「設定」→「サウンドなし」にチェックをつけてるときですね。
  新着時にサウンドがなくなってポップアップもしなくなります。
  サウンドはやめてほしいけどポップアップは欲しい、という場合にはOFF設定です。

・ユーザアイコンクリック時

  まあアイコンに限らず、TL上のユーザへのリンクを踏んだ時にですね
  ユーザ情報が見たい人と、TLを開きたい人の2種類が居るみたいなので
  切り替えられるようにしました。

  ちなみに Ctrl + クリックで逆の動作をします。
  よくわからない人は「ただのクリック」と「Ctrl+クリック」
  をやって試してみればみればいいんじゃない。

  ちなみに右クリックメニューからTLもユーザ情報も開けるので
  わりとどうでもいい設定かもしれません。

  デフォルトは「TLを開く」です。

・検索言語

  ハッシュタグとか検索機能とかを使う時に「ja」を選択すると
  日本語のTweetだけが検索できるようになります。
  空白にしておくと全言語から検索します。

  デフォルトは空白です。

gzip通信対応

  別の目的で Deflate を解凍するコードを書いたんだけど、
  そういえばこれ使えんじゃんってことでgzip通信に対応しました。
  通信量すくねえ。gzipパネェ。

自動バージョンアップ

  次のバージョンアップはアプリが勝手にやってくれる気がします。
  「自動バージョンアップしますか?」って聞かれるので「はい」って答えれば。

  ・旧バージョンのバックアップを取ります。
  ・インストールフォルダにログを吐きます。
  ・ファイル削除は直接削除じゃなくてゴミ箱へ入れます。

  サーバ側でバージョンアップを自動にするか手動にするか指示する
  仕様になってるので、やっぱダメだとおもったら次も手動かもしれません。
  たいした処理じゃねえっつってもユーザのファイルシステムいじるのは
  プレッシャーでかい。ユーザが不特定多数だと特に。

  でも利便性は高めていきたい。がんばります。

バグ修正

  シャットダウンをブロックするバグがありました。
  WM_QUERYENDSESSION を正しく処理してませんでした。ごめんなさい。

  あとこまかい挙動をいろいろなおしたり、落ちる可能性のある場所をなおしたり。

オマケ

上野動物園に行ったときの写真です。もちろん一人で。
ゴイサギとペンギンのツーショットって珍しいんじゃないでしょうか。

コメント

コメント(3) “Catapiller version 0.8.30 リリース”

  1. MarshmallowMash

    私の認識間違いかもしれませんが、ツイッターのwebでデザインを変えてから認証するとCatapillerのウィンドウデザインも連動しますよ?

    返信

  2. vagani

    ウィンドウのガワの部分というかフチの部分というか、タイトルバーとかあのへんのデザインのことですよ。ちなみに背景はデフォルトではアカウントと連動するようになってますが自分で設定することも可能です。

    返信

  3. mtyn

    使用メモリが小さく重宝させていただいております。
    ただ、長時間起動していると強制終了?してしまうバグがあるようです。
    環境はXP SP3です。使い勝手がいいソフトなだけに残念です。

    返信

コメントする